トップページ>サービス案内|消防設備 

 
トップページ
会社概要
空調設備
給排水衛生設備
電気設備
エレベーター設備
総合ビル管理



消防設備
消防設備はいつどんな時に火災が発生しても確実にその機能を発揮できるものでなければなりません。
その為にも日頃から消防設備の維持・点検が必要となります。建物の所有者・占有者・管理者は消防法によって適切な消防設備を設置することが義務付けられており、定期的に点検を行い、消防署に報告しなければなりません。

 

点検までの流れ
消防設備契約の流れ

1.お問い合わせ
お客様より点検依頼を頂きますと、事前調査及び打ち合わせにお伺いさせて頂きます。

 

 
2.保守点検契約
事前調査及び打ち合わせに基づき、見積書を作成・ご提示し、金額条件を双方合意の上、契約書をかわさせて頂きます。
 
3.点検実施
お客様のご都合に合わせ、点検日を設定させて頂き、経験豊富な点検資格者により行います。
 
4.点検結果報告書作成
点検に基づき、結果を報告書として作成致します。
併せて不良箇所のご連絡と共にその見積書を作成致します。
 
5.消防署に提出
点検報告書をお客様に提出し、ご確認の後、所有者・防火管理者・立会いの方に捺印して頂きます。
私共にて点検報告書を管轄の消防署に報告、お客様へは受理表を添付してお返しさせて頂きます。
点検の種類
■機器点検(6ヶ月に1回以上)
機器の適正な配置や損傷の有無を外観から確認、設備の機能を外観又は機器を作動させることにより確認します。
■総合点検(1年に1回以上)
設備の全部もしくは一部を作動させ、又わ使用することにより総合的な機能の確認をします。

消防設備工事
万一の火災時に備え、消防設備が正常に機能するように維持・点検することは大切です。しかし、利用の有無・環境の良し悪しを問わず、設置年数と共に劣化していきます。
又、より安全を求め、安心を手に入れる為に状況に合わせ、設備を更新していくことも重要です。私共では販売から設計・施工・メンテナンスまで、トータルにサポートさせて頂いております。



◆消防設備工事メニュー
○消火設備
・消火器 ・屋内外消火栓設備 ・スプリンクラー設備 ・水噴霧消火設備
・泡消火設備 ・不活性ガス消火設備 ・ハロゲン化物消火設備 ・粉末消火設備
・ドレンチャー設備 ・動力消防ポンプ設備

○火災報知・警報設備
・自動警報報知設備 ・ガス漏れ火災警報設備 ・漏電火災警報機
・消防機関へ通報する火災報知設備 ・非常警報設備

○防火設備
・防火水槽 ・排煙設備 ・連結散水、送水設備  

○避難器具・放送設備等
・避難器具 ・誘導灯及び誘導標識 ・非常用放送設備 ・非常コンセント設備

○防災・防犯用品
・ITV(監視カメラ設備) ・インターフォン設備 ・防災・防犯用品各種



お問い合わせは06−6645−0123

TOP>>

メールでのお問い合わせはこちら